オンラインカジノ事件

オンラインカジノ法律天秤

オンラインカジノの違法性

オンラインカジノの違法性について

オンラインカジノを知っていろいろとネットを通じてオンラインカジノをプレイすることは日本では法律的にどうなのかを調べてみました。
結論からいうと、白に近い「グレー」だということです。オンラインカジノが日本において法律的に違法というのは賭博罪に問われるかどうかとという一点絞られると思います。そこで賭博罪についていろいろと調べてみました。

【賭博罪】
   大辞林では「財物をかけて偶然性の支配する勝負をし、また賭博場の開帳や賭博をする者を結合させて利益を図ろうとすることにより成立する罪。」
一人でこの犯罪要件を満たすことはできない犯罪だということです。胴元仲間内など相手方がいて初めて成立する犯罪だということです。
わかりやすくいうと、「胴元」と「プレーヤー」が同じところにいて相手方とセットで初めて違法とされるものなのです。

 

Point.1   オンラインカジノの運営者側の法的な立場

   オンラインカジノの運営者側にとってオンラインカジノのライセンスはギャンブルが認められている国で得ており当然それらの、サーバーもそれらの国で運営しているわけですし、違法性は全くありません。意図的に日本人を誘っているのではないかという疑いを向ける者もいますが、日本語のサイトがあるのはオンラインカジノが認められているその国に住む日本人のために日本語対応となっているに過ぎません。(もちろん日本からのアクセスも考えての日本語環境とも言えます)
   賭博罪の構成要件の一つに「「胴元」と「プレーヤー」が同じところにいて相手方とセットで初めて違法といえる。」とされることからも違法と認められないのではないか?

   

Point.2   オンラインカジノの利用者側の法的な立場

   刑法賭博罪には国外で行う賭博行為についての処罰規定がないので海外でいくらランドカジノで遊んでも処罰規定が無い為、罰せられることはない。(刑法第2条、3条参照)
随分前になりますが○○製紙の日本の有名な企業の社長さんが106億もカジノで負けて話題になったことも記憶にありますよね。上記刑法には国外で行われた賭博行為については処罰規定にないため罰せられることはありませんでした。(高額な違法融資について逮捕されましたが。。。。)

   
●京都府警によって、H28.3 オンラインカジノをプレーをしたということで3人の方が逮捕されました。

<経緯>
海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県の会社経営、A氏(65)、大阪府吹田市の無職、B氏(36)▽埼玉県の、C氏(31)-の3容疑者を逮捕した。
府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。
<2016.3.10 21:11 産経WESTより抜粋>

   
   2人は争わず「略式起訴」となり残りの一人は、刑を受けることをよしとせず,略式起訴の打診に応じず争いたいとの意向を示した。弁護を担当したのは弁護士(津田岳宏さん)であった。

<結果>
   

      賭博罪被疑事件で争った案件はこの人ただ一人となり,不起訴処分となった。

   
今回のこの京都府警の3人の逮捕が今までの、オンラインカジノに関する逮捕劇と大きく異なるのは、普通にこのサイトをご覧になっている方が自宅で自分のPCやスマホ、タブレットなどでオンラインカジノを普通に楽しんでいた一般の方の身に起こった事件であったということが大きく話題になりました。
   
   この逮捕劇が起きるまでのいくつかのオンラインカジノに関する逮捕者は   

● 自分の店で、オンラインカジノをさせて、お金をかけさせた賭博行為。(賭博場の開帳)

● あるオンラインカジノの支払手段を自分ところで構築して日本の客から入出金の手段として使わせた。(国内口座使い客に賭博)   

   などは明らかに犯罪行為であり、今回、京都府警が逮捕した3人とは大きく異る。

   
今回、普通にオンラインカジノを自宅で行ったことに対する逮捕劇について、以前よりオンラインカジノやパチンコの三店方式に疑問を投げかけていた弁護士(津田岳宏さん)のご尽力によりある一定の司法判断がくだされたのではないかと思っている。
   日本の裁判は判例主義を取っている以上、今後同じようなオンラインカジノをされて逮捕されたとしても不起訴処分となることが予想される。津田岳宏さんにありがとうと言いたい。

Point.3   オンラインカジノ業界の見解

   
私もいくつかの海外のオンラインカジノの担当の方と電話やメールで日本人が日本からネットを通じてオンラインカジノをすることについての違法ではないとする見解をお聞きしました。   
   
下記がその内容を簡単にまとめたものです。

<内容>   
   
      私どもは、オンラインカジノを日本市場に展開するにあたり、いろいろな法律の専門家を招き、

検討していただいた結果、日本に進出しても法的に何ら問題はないとの結論に達したことで進出を決定しました。

   
もちろんこれは、オンラインカジノを日本でプレイすることは全く問題ないので皆さんしましょうねということではありません。あくまで、自己責任の上プレイすることを忘れないでください。
ただ、オンラインカジノの海外の会社は法律の専門家を招いて、慎重に検討を重ねた結果として(法的な根拠のもとに)営業しているということです。(海外在住の日本人の方は全く問題ありませんので安心してください。)

関連記事

  1. スロット

    オンラインカジノに関する事件はこんなのがありました。ではオンラインカジ…

  2. パチンコ、ギャンブル日本の事情

    日本のギャンブル事情ってどうなの?オンラインカジノとパチスロの違いは?…

  3. サーチイメージ

    オンラインカジノ何を基準に選んだらいいか悩んだら、オンラインカジノのこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. サーチイメージ
  2. ヴィーナスポイント(VenusPoint)ポイント出金イメージ001
  3. メールイメージ
  4. アイウォレットカードイメージ
  5. エグゼクティブ会員になるには
  1. ヴィーナスポイント(VenusPoint)ポイント出金イメージ001
  2. vera1700_1000
  3. 入出金イメージ
  4. オンラインカジノへの入金クレジットカードイメージ
  5. オンラインカジノ法律天秤

最近の記事

  1. オンラインカジノ?

    サーチイメージ
  2. オンラインウォレット

    ヴィーナスポイント(VenusPoint)ポイント出金イメージ001
  3. お問い合わせ

    メールイメージ
  4. オンラインウォレット

    アイウォレットカードイメージ
  5. オンラインウォレット

    エグゼクティブ会員になるには
PAGE TOP